フォレックスファクトリー産の高勝率トレード手法

海外の最先端トレード手法とは?

 
フォレックスファクトリーから盛り上がっているトレード手法を
日本語に直してご紹介します。
今回ご紹介するのはGBP/JPY(ポンド/円)を使った取引手法になります。

ロジックを観察した結果かなり勝てる確率は高いと判断できました!

そもそもフォレックスファクトリーとは?

海外のトレード情報サイトで「Forex Factory」が正式名称になります。
 

https://www.forexfactory.com/
 
トレードの手法やツールなどを紹介していたり、海外のトレーダー同士で熱心に
意見交換をするフォーラムだったりと他にも沢山の情報が掲載されています。
 
海外ではトレード情報サイトは沢山あるのですが、中でもフォレクスファクトリーは
アクセス数が最多のサイトになるので海外では最高のトレード情報サイトになります。

高勝率4本値売買法

こちらの手法を考えた人は「ハットさん」とゆう方です。
 
フォーラムでこの手法の説明をすつ時に、
『忙しくてゆっくりチャートを観察する時間がなかった』
と書枯れており多忙な方みたいでした。
 
そこで考えられたのが「日足を確認して朝の少しの時間に4本値を確認するだけ」
の手法に辿り着いたとの事でした。
 
この方がフォーラムに記載されいた通貨ペアはGBP/JPY(ポンド/円)が一番利益が
出せているが別の通貨ペアでも利益は獲得可能との事でした。
 
GBP/JPY(ポンド/円)がおすすめな理由としては値動きのボラティリティ
つまり変動値幅が大きいことから利益が出やすいとのことです。

4本値取引手法の詳細

 
●取引スパンはデイトレード
●分析使うツールはローソク足のみ
●月間取引頻度は20回程度
●勝率は80%前後
●リスクリワードは1:1で平均利益は100PIPS/1トレード
 

取引の仕方

○朝7時までに前日の終値から30pips動いた方向に順張りで成行エントリー
○損切りのポイントはエントリーポイントから100pspsのところに逆指値注文
○利確は300pips以上で好きなところで構わない
 

この手法を使う上で注意すべきポイント

月曜は週明けで窓が空いたりして、値動きが安定しない事もあるので
見送った方が良いとのことです。
 
僕の感想としては、色々な勝っている人を見てきましたが
トレードの手法は本当に十人十色です。
中にはそんなんで勝てるの?みたいな手法の人もいてとても
利益が出せるとは思えないような手法でも勝てる人はいるので
トレードをする上で本当に重要なのはマインドだとゆうことを
忘れてはいけません!
 

今回取引するGBP/JPYの特徴

ポンドはメジャー通貨の一種になります。
マイナー通貨とメジャー通貨に別れており、マイナー通貨は取引高が少ないため
予測しにくい変わった値動きをしたり物凄く窓が空いたりと少し危険な面もありますが
ボラティリティが大きいためメジャー通貨よりも1トレード辺りの獲得pipsは
大きくなる傾向にあります。
 
メジャー通貨は取引高が多く教科書通りのチャートパターンが出現する傾向に
あるので僕はメジャー通貨の方がトレードはしやすいです。
 
でも株や日経225先物などそれぞれの値動きに特徴はあるので
少額でマイナー通貨をトレードするのは練習になります。
 
さて、ポンドの特徴に戻りますが最近のイギリスの経済状況は
好ましくありませんのでメジャー通貨の中では比較的に値動きの
幅が大きいのはこのためです。
まだトレード歴が浅い新米トレーダーには値動きが激しくて難しく感じるかも
しれませんが慣れると僕は15週間連続でポンドは利益が出ています。
 

トレードで何よりも大切な事とは

安定して毎月、毎週の合計収支をプラスにするために
一番重要な事とはなんだと思いますか?
 
おそらくほとんどの方は手法が一番大事だと思っているかもしれませんが
残念ながら手法は多少の誤差はあれどほとんどの有名な手法で問題はありません。
 
まず確率で勝負をしている段階で損失を出す確率はどんなに有利な局面でも
20%以上は必ず存在しています。
有名な天才トレーダーの方がいますが、一見何億も利益を出しているように
見えて羨ましいかもしれませんが天才トレーダーのBNFさんでも1日の合計収支は
マイナスで終わっている日もあるくらいです。
 
あの天才のBNFさんでもマイナスがでるくらいなのでほとんどの一般的な人は
単純に考えてもっと損失を出す確率が高いことになります。
 
リスク管理は聞いたり勉強した経験はあると思いますが本当に完璧に
理解できているか確かめ直してください。
トレードで最も大切な要素はリスク管理です。
 
次回の記事ではフォレックスファクトリーの別の手法と
リスク管理の重要性の続きを書こうと思いますので
また遊びに来てください。
 
ご視聴ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です