日経225先物 チャート分析

日経225先物 チャート分析


テクニカルインジケーター サインのご紹介

●オレンジ色の丸印は短期高値 赤色の丸印は中期高値
●水色の丸印は短期安値 青色の丸印は中期安値
※ラリーウィリアムズの高安カウント法
●黒色は20期間移動平均線で黄緑色は100期間移動平均線
●青色と赤色の二重線は短期LRLでピンク色と水色の二重線は長期LRL
※LRLとは重回帰分析線の事です

 


日経225先物 日足チャート

こちらは中期の高値を切り上げており中期の目線は上目線です。短期安値は切り下げているので短期の目線では下目線になります。このように短期的に小さく下落している時に上がっている個別銘柄は相当強い銘柄なので下落に日は保有銘柄の今の状況が分かるので貴重な動きになります。


上目線

目先の動きとしては短期LRLの下を推移している事から下目線ですが日足の下位時間足で反転のサインを確認して短期LRLを上方向へブレイクしてくるのでその後は①長期LRLを上抜く事ができるかどうか?②20MAで反発しないか?③20MAを上抜く事ができればリターンムーブは成功するか?などが課題になってきます。
目先の動きは①と②に注目して成功すれば次は③達成できるかどうかに注目です。


下目線

週足でWトップをつけている可能性があり、2番天井をつけた可能性を考慮するともう一度直近の高値を試しにくる動きを確認してからの方が安全ではあるが日経の動きは三尊の方がWトップよりも出現率が高いので綺麗に高値を試しにくるかは不明。中期の安値を割っていない事からも中期の流れは完全に上なので売りで仕掛けるにはかなり注意が必要になる。
 
↓関連情報掲載


「日経平均株価 ブログ」関係の記事を掲載しているサイト
1位 ブログ ランキング
2位 FC2 個人ブログ
3位 別のブログ ランキング
4位 個人のデイトレードブログ
5位 アメーバ 個人ブログ
ブログのランキングサイトが多く上位表示の方のサイトは参考になるので拝見するといいかもしれないが、記事を書くのが上手なのとトレードが上手なのは全く別になるので記事の内容を鵜呑みにしないで各自で信憑性は判断して方が懸命だ。
 
「日経平均先物とは わかりやすく」関係の記事を掲載しているサイト
1位 個人 ブログ
2位 個人 ブログ
3位 個人 ブログ
4位 個人 ブログ
5位 個人 ブログ
こちらは初心者向けに書かれた記事が多い傾向がある。初心者の方は知識が少ないのでどれが本当でどれが偽物の情報か分からないと思う。
今までの経験からアドバイスすると「1日数分 〇〇するだけで儲かる」とか「完全自動売買」などの楽して儲かる系の記事は読む必要はない、彼らは相場で儲けるのではなく儲けようとしている人を使って儲けるだけなので相場師になりたい人にはなんの役にも立たない!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です