【6172】メタップス

【6172】メタップスの決算情報分析やチャート分析

主な事業内容やIR情報

AIマーケティング会社。
 
マーケティング(分析、広告、販促等)、ファイナンス(決済、投資、融資等)、
コンシューマ(EC、メディア、動画等)分野でAIを活用したアプリ収益化事業を営む。
 
主力製品は「metaps」(AIを活用した広告アプリ収益化プラットフォーム、アプリ開発者向け)、
成果報酬型・クリック課金ベースの広告サービス、テレビCM等のオフライン広告、分析サービス(Metaps Analytics)を提供。
 
SPIKE」はプリペイド型の電子マネー・オンライン決済サービス(「SPIKEコイン」を提供)。
2015年トランスコスモス<9715>・デジタルガレージ<4819>と業務提携、博報堂とテレビCMの広告効果測定システムを共同開発。
 
2016年決済のペイデザインを完全子会社化。日本瓦斯<8174>と資本業務提携、
みずほフィナンシャルグループとFinTechサービスで業務提携。
 
2017年時間取引所の「タイムバンク」がテックビューロの「COMSA」でICOを実施。主要取引先は日本瓦斯、Ucool Inc。


決算情報分析

決算情報

売上が劣らず凄まじい伸びを記録しており、利益にも結果を出し黒字計上
その他、良案件の提携材料などもあり、さらなる株価上昇を見込む


チャート分析情報

日足チャート

3000円下で長らく揉み合っていたが、5月16日の大陽線をトレンド転換のポイントとして新たな相場の到来を感じさせる。
現在、急上昇したこともあり、調整の下げを迫られている感じもあるが、3000円が意識されているラインでもあり、
200日移動平均線がそれを支持するものになると推測できる。そのラインまでは買い下がりもありだろう。

今後の展望

2018年5月21日、日経平均が23000円の大台を突破した。
NYダウも回復の兆しを見せており、さらなる躍進を期待しよう。

 

2018年5月21日

¥3115 エントリー

 
※売りポイントは相場の流れにより左右されるため記載しておりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です