必ず目にするロールリバーサル

ロールリバーサル


出現率がかなり高いチャートパターン。安値や高値同士を結んで引くライン(トレンドライン)をブレイクすることで、そのトレンドラインの効力(意味合い)が変わること
安値を下支えするラインをサポートライン(支持線)、高値を上から押し付けるラインをレジスタンスライン(抵抗線)といい、上図のように水平線(トレンドライン)でも基準のラインとしてロールリバーサルを確認することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です